むこ大陸

◎むこ大陸のWORLD END!! loloギターです◎
<< あなたの主張をお聞かせ願いたい | main | チャイニーズゴーストストーリーは良かったけど中国はあんまり好きになれない。ごめんね!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ぼくの夏休みは憂鬱
 ハイルむこー!(叫)

ハイルむこー!(狂)

ハイルっむこー!(悶死)




むこ大陸の挨拶です。
手はまっすぐ挙げてくだちいね。
今回はまたまた小難しい。

しかしながら、夏休み中のわたくしのお気に入りを数点、添付いたしますので、お時間があればご覧ください。ユーチューブより拝借致しました。

大野一雄氏と音楽
http://www.youtube.com/watch?v=XXJncyvHID4&feature=related



sankai jukuの舞踏と音楽
http://www.youtube.com/watch?v=ZxT-v9cxf7g&feature=related

であります。



以下からは、少々めんどくさい(まためんどくさいなmucoちゃんは)という内容かと思われますので、ライトな読者はここまで。
ごきげんよう!!

また会う日まで。
















さてと。
8/10になりましたが、8/9は長崎に原爆投下された日にございます。忘れず黙祷を捧げたでしょうか。
わたくしはしっかりと捧げました。
そんな日の午後、わたくしは「はだしのゲン」のアニメの最初の数十分と「火垂るの墓」全編を拝見致しました。
かなり前に見たことがあるのですが、当時のわたくしは辛気臭いものが大嫌い。わざわざ敗戦や戦争の悲惨さを世に伝える映像など興味はございませんでしたし、涙など流したくは無かったのでした。よって見ない事、知らない事を選択致しました。

悲しみに私自身が包まれ、涙が流れるものならば、わざわざ見て泣くまでも無い、などと思っておりました(今現在もお涙頂戴の動物映画や携帯小説の稚拙な涙は軽蔑しております)

しかしながら、アニメという日本が誇るコンテンツでもありますし、今現在の戦後66年の月日が経ち、生き証人の方々が天寿を全うされ、当時を伝える方が少なくなるという事もありますし、わたくしたち世代は過去の情報を正しく知り、また映像などで感じ取り、真の平和を築いていかねばなりません。そんな気持ちでわたくしは火垂るの墓を見たのでした。


ちょいと堅苦しくなりすぎて、めんごね。

冒頭のシーンで、駅と思われる場所で野垂れ死にしたせいたの懐から出てきたドロップの缶が駅員に無造作に投げ捨てられ、草原に落下した際に、缶の蓋が外れた。
中から小さな白い欠片が転がり出た。

白い欠片が転がり出るとあたりにふわっと蛍と思われる光が舞いはじめて、節子がちんまり現れた。
節子はせいたの元に駆け寄ろうとするのですが、それを優しくとどめたのはせいた自身でした。

ここで「おやっ、死んだはずだよせいた君」等と言っては落語になってしまう。のですが。


なんか、、昔見たときは意味がわからんかったのですが、今回はよく分かってしまって冒頭からうるうるきてしまった。
わたくしは見た後に何を受け取るのか難しく考えてしまうのですが、世界中で同じような悲劇が起こっていたという認識があり、戦争は悲惨と思わされ、反戦を唱えたくなるのでした。

しかし!わたくしはそれは微妙だと思う。
人の命は尊く、火垂るの墓の兄弟愛は世界中の人が涙を流すでしょうが、闘争を放棄した国は侵略されるのみであります。これは事実でございます。

アニメの中で語られぬの一つ一つの家庭の物語、故郷の景色を守りたいと戦い、子孫の繁栄を願った先人たちを忘れちゃいけないのだと思う。そういえば、せいたと節子の父は帝國海軍の軍人で太平洋で戦死されていた。

3/11以降みなさまの価値観はどうでしょうか。
戦争を知らぬ世代として、変わらずにおれましたでしょうか。

楽しい音楽が漂う素晴らしい世界はこのままぼんやりと生きておれば、享受され続けることができるのだろうか。
素晴らしい音楽に耳をすますたびに、わたくしは楽観主義者の邪悪を思うのでした。





本年初夏、わたくしは生まれて初めて蛍の光を見た。
あの生命の光。
あの儚さを、わたくしは言語で表現できない。
ただ、胸を深く貫く感動を覚え、いつまでも眺めた。

わたくしはそんな日本をいつまでも楽しみたい。
その為にはいかなる闘争も辞さない所存であります。


ここまで読んだあなた様はすっごくえらい!どうもありがとうございます。

おやすミー太の火星旅行なう。





| muco | - | 01:36 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:36 | - | - | pookmark |










一番上へ